jnobuyukiのブログ

JavaScriptとR言語を中心に研究活動に役立つwebアプリケーション技術について考えていきます。twitter ID: @j_nobuyuki

大きなマウスパッドのすすめ

今回は,最近購入したマウスパッドの良いところを紹介します。

なぜマウスパッドが欲しかったのか?

私は,マウスが苦手です。普段は,ラップトップPCで作業することが多いので,主にタッチパネルを使っているからです。最近,デスクトップPCを入手したのですが,これに付属のmagic mouseがまったく上手く使えません。しかも,マウスを使っている時にガチャガチャとうるさく周りにも迷惑をかけてしまっている気がします。なので,マウスパッドを購入することにしました。

どんなマウスパッドを買ったの?

以下の写真のような特大マウスパッドを購入しました。

f:id:jnobuyuki:20180316135817j:plain

どんなところが良い?

まず表面がポリエステルで,マウスがよく滑ります。一方,裏面は天然ラバーなので,マウスパッド自体は全く動きません。また,サイズが幅60cm,奥行き29.7cmなので,私のようにマウス操作が下手な人でも,まずマウスパッドの端までいってしまうということがありません。これだけの大きさがあるので,小さめのキーボードであれば,キーボードとマウスを一緒に乗せても十分にマウス操作スペースがあります。
例えば,サブディスプレイの右端にカーソルがあるときの手の位置が以下のようであれば。

f:id:jnobuyuki:20180315142117j:plain

メインディスプレイの左端までカーソルを動かしても,まだ以下のようにマウスパッドに余裕があります。

f:id:jnobuyuki:20180315142112j:plain

そんなにいいの?思い込みでは?

マウスパッドって,おまけで付いていたり,100円均一でも購入できるものです。でも,あえてそれなりの金額をはらって入手したからには,思い込みではなく,本当に作業効率に役立つものであってほしいです。そこでちょっとした実験をしてみることにしました。

マウスパッドの使用有無で騒音の大きさは違う?

GoogleのSciece Journalというアプリを使うと,音の大きさや高さや加速度などスマホに搭載されているセンサを気軽に記録できます。今回は,このアプリを机の上に置いた状態で,マウスパッドを使用したときと使用しないときの作業10分間の騒音を記録してみました。

結果はどうだった?

こちらがマウスパッドなしのときの騒音の大きさです。
f:id:jnobuyuki:20180321154913j:plain
そしてこちらがマウスパッドを使用した場合の騒音の大きさです。
f:id:jnobuyuki:20180321154935j:plain

結果として,マウスパッドを使用したほうが平均値の上でも,分布の上でも騒音が少ないとわかりました。マウスパッドなしだと60dBに達する時間がかなりあるのですが,どうやら60dBより音が大きくなると「うるさい」と感じやすいようなので,自分の直観とよく合っています。

というわけでおすすめ

スペックや実験の結果を考えても,このマウスパッドはデスクトップユーザーにおすすめできます。